2017年6月11日日曜日

6月4日(日)第11回多文化子育てひろば「いちご一会」開催されました。

(Click this link to read the report in English.)

6月4日(日)、Cafeここらくにて、第11回多文化子育てひろば「いちご一会」が開催されました。スタッフを含め、74人が集まりました。

 出身国の内訳は、オーストラリア、中国、台湾、ベトナム、スウェーデン、アメリカ、日本でした。最初に「幸せなら手をたたこう」を4ヶ国語で歌いました。今回はかっこいいロック調の伴奏で、いつも以上に盛り上がった印象でした。

 「夏を涼しくするもの」アイデアをシェア


プロジェクターに4枚の絵(打ち水、お化け屋敷、流しそうめん、風鈴)を映し、共通点を見つけるゲームをしました。答えは「夏」、今回のテーマです。

大人4~5人でグループを作り「夏を涼しくするもの」についてディスカッションし、その後グループ毎に発表しました。各グループそれぞれ7~23個とたくさん意見が出ました。主なものを紹介します。
・プールに行く。小さい子供はビニールプールや、お風呂に水をためて水遊びをさせる。
・こんにゃくゼリーを凍らして保冷剤代わりに弁当に入れる。
・ビアガーデンに行く。
・グリーンカーテンを作る。
・かき氷を食べる。
・日傘を使う。


子供と過ごす夏休み ~ 子連れに適した、夏の遊び場


次にハワイ出身のジーナさんから日本の夏休みの過ごし方について話題提案がありました。日本の夏休みはとても長く毎日子供が家にいて、いかに飽きさせずに一緒に過ごすかについて困っているとのことです。

そこで奈良でガイドをされているレイコさんから子連れに適した遊び場について紹介していただきました。レイコさんは3人のお子さんのお母さんです。

頂いたペーパー(右の写真参照)を元に説明いただいた内容を記載します。

●「ジュースで氷作り」は製氷機にジュースを入れて作ります。ゼラチンを入れて凍らせたゼリー風にしても楽しいとのこと。
 ●「水風船」は百均で購入できます。ゴミが出るのでお片付けを約束してから遊ぶといいでしょう。
●「折り紙」で魚や海の生き物を作って青く色を塗った画用紙に張り付けると涼しげです。
●「牛乳パックで水路作り」は牛乳パックを切り開いてテープでつなげ、坂を作って水を流します。スーパーで売っている肉や魚のトレーで魚や泳いでいる人間の形を切り抜いて浮かべると楽しいです。家の中でやる場合は新聞紙等を下に敷いて汚れを防止して下さい。外で遊ぶなら汚れる心配がありません。
●「山城森林公園」は川遊びやバーベキューができます。
●「太陽が丘プール」は京都子育てパスポートがあれば割引がききます。
●「青山プール」は奈良市の市民プールですが、市外の人も利用できます。
●「加茂プラネタリウム」は数百円で利用できます。
●「きっづふぉとん」は無料で利用できます。
●「文化パルク城陽」は小学生までの子供は無料で利用できます。大きなボールプールがあってとても充実した施設です。

 その他地図にて遊び場をご紹介いただきました。
●けいはんなプラザ、けいはんな記念公園
●きっづ光科学館ふぉとん
●加茂駅近くの御霊神社周辺←ホタル、クワガタ、カブトムシの観察スポット
●笠置山ハイキング

その後4~5人のグループに分かれ、夏の過ごし方についてディスカッションしました。提案されたものについてご紹介します。

<プール系>

精華町民プール(温水で室内)、家の庭でビニールプール、イモ山プール、スイミングスクールの無料体験

<レジャー系>

パルケエスパーニャ(三重県)、漁師体験、芝政ワールドプール(日本一のスライダーがある。福井県)、ホエールウォッチング(和歌山県太地町)、アンパンマンミュージアム(桑名市、神戸市等)、スパーワールド(大阪市)、信楽市、琵琶湖(滋賀県)、デイキャンプ&バーベキュー、白浜アドベンチャーワールド(イルカショーが有名、和歌山県)、海に出かける(京丹後だと車で2~3時間)、京都水族館(イルカショー)、花火大会(木津川花火)

<室内遊び系>

映画、図書館(本を借りる、読み聞かせイベント)、ドリーム21(室内運動遊び場、プラネタリウム、科学館、川や遊具がたくさんある公園も併設。東大阪の公共施設のため数百円で利用可)

<近場の公園系>

けいはんな公園、光台5丁目の公園(長い滑り台あり)、木津川台公園(長い滑り台あり)、鹿ノ前公園、かぶと台公園、鳥谷公園

あいさつとよみきかせ

その後香港出身のリーさんから広東語の挨拶を教えていただきました。

 最後にハワイ出身のジーナさんが絵本のよみきかせをしてくださいました。

『Why Can‘t I Fly』。かわいい猿の優しい絵が魅力の絵本です。参加者のお子さんのちづるちゃんも、飛び入りで英語の読み聞かせのお手伝いをしてくれました。子供たちが前に集まって夢中で聞いている姿が印象的でした。

 プログラム終了後は、お弁当を食べながら、おしゃべりのひとときを楽しみました。

(レポート:えりさん 写真:しんいちろうさん)

2017/6/4 Multicultural Playgroup Ichigo-Ichie Report

(日本語でのレポートはこちら)

On 4th June, the 11th Ichigo Ichie Multicultural Playgroup for Child Raising Families took place at Cafe Kokoraku.

A total of 74 participants (including staffs) from America, Australia, China, Japan, Sweden, Taiwan and Vietnam joined in.  We kicked off with an ice breaking activity by singing “If you are happy and you know it clap your hands” in 4 different languages.  We had a blast singing it to a “rock” piano accompaniment.

Discussion - How to stay cool in summer

Next we were shown with 4 different pictures; water sprinkling, haunted ghost house, “Nagashi soumen” - the flowing fine noodles and a wind bell.  We were then asked “what was common in these pictures” and the answer was “summer”, which was the theme to our gathering for the day.

We got into small groups and discussed on how to stay cool in summer.  Each group then presented their ideas one by one.  On group came up with as many as 23 ideas.  We would introduce the main ones as per below:
• going to the pool or take out the kids' inflatable pool or use the bath tube for young kids to play in the water at home
• freezing konyaku jelly and use it as a substitute to ice packs inside lunch boxes
• going to beer gardens
• eating shaved icy desserts “kakigoori”
• using the sunshade parasol (umbrella)

Where to take kids out to play in summer

Next a participant, Ms. Gina from Hawaii, brought up the topic on “how to spend summer in Japan”.  She struggles to spend the long Japanese summer vacation with her kids at home.

Our guest speaker, Ms. Reiko who is a tour guide at Nara, gave us ideas on where to take kids out to play (as she is also a mother of three).

According to an information leaflet given out (see the image on the right-hand side), suggested ideas / places suitable for kids to play, do and go are as per below:

• making ice cubes from juices using ice cube trays, or by adding gelatine into the juices and freezing it can be fun too as it turns out to be juicy jelly cubes
• making water bombs from water balloons (can get them from 100 yen shop), make sure to get the kids to promise on picking on the rubbish afterwards
• making fishes or other sea-animals “origami” and sticking them on a blue colour paper to look cooler at home
• making milk carton water flow tunnels by cutting open milk cartons and sticking them together into long flowing tunnels and let water flow through.  Make swimmers or fishes out of foam trays we get from supermarket when buying meat or fishes and let them flow through the tunnels will add more fun to it, but if playing inside the house do make sure to “water-proof” the play area otherwise doing it outside will be less messy
• Yamashiro Forest Park – a place for river and BBQ fun
• Aoyama Swimming Pool – a public pool for Nara residents but also open to outsiders
• Kamo Planetarium – a reasonably priced place costing a few hundred yens only
• The kid's Science Museum of Photons – admission fees are free
• Jyoyo City Cultural Center “Bunka Paruku Jyouyou” - free for primary school kids, it is a very large indoor playground including a large ball pool
• Keihanna Plaza / Keihanna Park
• Observation Spots of fireflies, stag bettles and bettles (Kabutomushi) nearby the Goryoujinjya at Kamo Station
• Hiking at Kasagiyama


Having been introduced to so many different places to visit and to do during summer, we got into our small groups for group discussions on how we would spend summer.  Various suggestions were given and a summary is as per below:

Pool-related suggestions -

• Seika-cho local pool (indoor & heated)
• inflatable pool at our garden
• Imoyama Pool
• free trail lessons at local swimming schools

Leisure-related suggestions -

• Shima Spain Village (Mie Prefecture)
• Fishing experience
• Shibamasa World (Fukui Prefecture – Japan's No.1 water slide)
• Whale watching (Wakayama Prefecture Taijichou)
• Anpanman Museum (at Kuwana City / Kobe City etc)
• Super World (Osaka City)
• Shiga Prefecture's Lake Biwa/ Shigarakichou
• Day Camp & BBQ
• Shirahama Adventure World (Wakayama Prefecture)
• Kyoto Aquarium (Dolphin show)
• Firework shows
• beaches

Indoor-related suggestions -

• movies
• libraries (borrowing books and attending story time events)
• Dream 21 (a facility located at East Osaka which includes an indoor gymnastic playground, planetarium, science museum and an outdoor park with a lake alongside. Reasonably priced)

Neighborhood park-related suggestions -

• Keihanna Park
• Hikaridai 5chome Park (has a long slide)
• Kizugawadai Park (has a long slide)
• Shikanomae Park
• Kabutodai Park
• Toridani Park

Greetings and Story Telling

After various group discussions, a new participant from Hong Kong (Ms. Lee C CHAN) taught us some greetings in Cantonese.

Finally Gina from Hawaii shared a story book with us titled “Why Can't I Fly”.
It was an interesting story about a cute monkey who couldn't fly.  A young participant, Chizuru, joined in and helped with the story telling.


The 11th Ichigo Ichie gathering ended with many participants stayed behind enjoying their packed lunches talking among themselves.

(Reported by Lee. Photos taken by Shinichiro.)

2017年6月7日水曜日

よさこい鳴子踊りを踊ろう!~2017年7月2日(日)、第12回多文化子育てひろば「いちご一会」のテーマは「日本の夏のお祭り‐よさこい鳴子踊りを踊ろう!」

(English follows Japanese)

第12回せいかグローバルネット多文化子育てひろば「いちご一会」を2017年7月2日(日)に行います。

「いちご一会」は、子育て中の外国人・日本人パパママ同士の交流・情報交換を目的としています。

今回のテーマは「日本の夏のお祭り‐よさこい鳴子踊りを踊ろう!

夏祭りや花火大会の季節が近づいてきました。
この夏に開催される日本全国や近くのお祭り情報をみんなでシェアしましょう。


そして、有名な「よさこい鳴子踊り」をみんなで踊って楽しみましょう!

教えてくれるのは、スタッフの美野さん。
本場高知県に住んでいた時に、よさこい鳴子踊りを習い、踊っていたそうです。

★場所はいつもとは違い、精華町図書館集会室です。

たくさんのご参加をお待ちしています。

前回の「いちご一会」の様子

第12回せいかグローバルネット多文化子育てひろば「いちご一会」

  • 日にち:2017年7月2日(日)
  • 時間: 10:30-11:30 多文化子育てひろば
        11:30-12:30 おべんとう&おしゃべりタイム(参加したい人は自分のおべんとう・飲み物をもってきてください。)
  • 場所:精華町図書館1F集会室 (map) *今回は場所がいつもと異なります。
    祝園駅・新祝園駅から徒歩5分。) 精華町役場の玄関があるフロアは2階です。1階におりて、外に出てください。
    集会所の入り口は、建物の外、北東側にあります。
    駐車場は精華町役場西側駐車場をご利用ください。
  • 費用:大人1人100円(せいかグローバルネット会員の方は無料)(子どもは無料)
  • 定員:先着50人
  • 申しこみ: 「いちご一会」申込み用オンラインフォーム(リンクはこちら)からお申しこみください。
  • プログラム:
    10:30-10:45 アイスブレイク・ゲーム
    10:45-11:20 「よさこい鳴子踊り」をおどろう!
    11:20-11:30 あいさつ&えほんのじかん


The 12th Seika Global Network Multicultural Playgroup "Ichigo Ichie" will be held on Sunday, July 2nd, 2017.

"Ichigo Ichie" is for foreign and Japanese parents to make new friends and exchange information.

The theme of upcoming play group is "Summer Festivals in Japan - Let's dance Yosakoi Naruko Odori."


Summer is close! Let's talk about summer festivals which we can join this summer in our neighborhood, and in the nationwide.


Then, we will learn the dance from one of famous summer festivals in Japan; "Yosakoi Naruko Odori"!

Our instructor is Ms. Mino, who used to dance the Yosakoi Naruko Odori when she lived in Kochi prefecture where the festival is held.
Rattles for Yosakoi Naruko Odori
*Please note that we will have this upcoming play group at the Seika Town Library Meeting Room (Seika-cho Toshokan Shuukai-shitu) on the first floor.

We are looking forward to seeing you!
Photo from the June playgroup

The 12th Seika Global Network Multicultural Playgroup "Ichigo Ichie"

  • Date: Sunday, July 2nd, 2017
  • Time: 10:30-11:30 Playgroup Meeting
    11:30-12:30 Lunch & Chatting Time
    (Please bring your own lunch and drinks if you want to join our lunch.)
  • Place: Seika Town Library Meeting Room (Seika-cho Toshokan Shuukai-shitu) (map). (5-minute walk from Hosono/Shin-Hosono St in Seika-cho, Kyoto Prefecture.) The meeting room is located on the first floor of the library. You can find the entrance to the meeting room on the northeast of the library. (The main reading area of the library and the town hall entrance are on the second floor.)
    Please use West Parking lot of Seika Town Hall.
  • Fee: 100 yen per adult (Free for the members of Seika Global Net) (Free for children)
  • Capacity: The first 50 people
  • Application: People who would like to participate should fill out the "Ichigo Ichie" online application form (Here is the link).
  • Program:
    10:30-10:45 Ice-break game
    10:45-11:20 "Let's dance Yosakoi Naruko Odori."
    11:20-11:30 Greeting and Storytime


2017年5月2日火曜日

暑い日本の夏、どこで遊ぶ?~2017年6月4日(日)、第11回多文化子育てひろば「いちご一会」のテーマは「夏の過ごし方・遊び場シェア」

(English follows Japanese)

第11回せいかグローバルネット多文化子育てひろば「いちご一会」を2017年6月4日(日)に行います。


「いちご一会」は、子育て中の外国人・日本人パパママ同士の交流・情報交換を目的としています。

今回のテーマは「夏の過ごし方・遊び場シェア

「日本の夏は暑すぎる!涼しく過ごす方法ってないの?」
「長い夏休み、子どもたちとどうやって過ごしたらいい?」

外国出身のママたちから出た疑問です。

だんだんと夏が近づいてくるこの季節に、
いろんな情報をシェアしながら、みんなで考えませんか?

奈良でガイドをされているReikoさんも、ゲストスピーカーとして、おすすめの遊び場を紹介してくださいます。

たくさんのご参加をお待ちしています。
Beach umbrella

第11回せいかグローバルネット多文化子育てひろば「いちご一会」

  • 日にち:2017年6月4日(日)
  • 時間: 10:30-11:30 多文化子育てひろば
    11:30-12:30 おべんとう&おしゃべりタイム
    (参加したい人は自分のおべんとう・飲み物をもってきてください。)
  • 場所:cafeここらく (map)
    (祝園駅・新祝園駅から徒歩3分。精華町役場近くの、南都銀行とマンションの間のビル1階にあります。
    駐車場はありませんので、精華町役場西側駐車場をご利用ください。)
  • 費用:大人1人100円(せいかグローバルネット会員の方は無料)
    (子どもは無料)
  • 定員:先着50人
  • 申しこみ: 「いちご一会」申込み用オンラインフォーム(リンクはこちら)からお申しこみください。
  • プログラム:
    10:30-10:40 アイスブレイク・ゲーム
    10:40-10:50 「幸せなら手をたたこう」をいろんなことばでうたおう
    10:50-11:20 情報交換「夏の過ごし方・遊び場シェア」
    11:20-11:30 あいさつ&えほんのじかん
前回の「いちご一会」の様子

The 11th Seika Global Network Multicultural Playgroup "Ichigo Ichie" will be held on Sunday, June 4th, 2017.


"Ichigo Ichie" is for foreign and Japanese parents to make new friends and exchange information.

The theme of upcoming play group is "How to spend Summer in Japan/Good playgrounds for summer."


"Summer in Japan is terribly hot! Do you know any good tips on how to feel cooler?"
"How do we spend the long summer break with kids?"

These are questions we got from our members from foreign countries.

Summer is getting closer. Let's think together and share the tips we each have.

As the guest speaker, Reiko, who is working as a guide for tourist in Nara, will introduce some fun places.

We are looking forward to seeing you!

The 11th Seika Global Network Multicultural Playgroup "Ichigo Ichie"

  • Date: Sunday, June 4th, 2017
  • Time: 10:30-11:30 Playgroup Meeting
    11:30-12:30 Lunch & Chatting Time
    (Please bring your own lunch and drinks if you want to join our lunch.)
  • Place: Cafe Kokoraku (map (3-minute walk from Hosono/Shin-Hosono St in Seika-cho, Kyoto Prefecture. The Cafe is on the 1st floor of the building between Nanto Bunk and a condominium apartment near Seika Town Hall. There is no parking lot at the cafe. Please use West Parking lot of Seika Town Hall.)
  • Fee: 100 yen per adult (Free for the members of Seika Global Net) (Free for children)
  • Capacity: The first 50 people
  • Application: People who would like to participate should fill out the "Ichigo Ichie" online application form (Here is the link).
  • Program:
    10:30-10:40 Ice-break game
    10:40-10:50 Sing-along time "If you're happy and you know it" in various languages
    10:50-11:20 Talk "How to spend Summer in Japan/Good playgrounds for summer."
    11:20-11:30 Greeting time and Story time

Photo from the previous playgroup

2017年4月10日月曜日

4月2日(日)第10回多文化子育てひろば「いちご一会」開催されました。
2017/4/2 Multicultural Playgroup Ichigo-Ichie Report

(English follows Japanese)


4月2日(日)、Cafeここらくにて、第10回多文化子育てひろば「いちご一会」が開催されました。スタッフを含め、63人が集まりました。

出身国の内訳は、中国、台湾、インド、ベトナム、マレーシア、アメリカ、日本でした。
はじめは、早起き順に並ぶゲームをしてみんなで円になり、「幸せなら手をたたこう」を4ヶ国語で歌いました。
写真:会の様子。Photo from the meeting.
朝起きた時間の順に並ぶゲーム
歌でリラックスしたところで、今日のテーマ「家事・育児」のお話に。

まずは各国のパパによる家事・育児の分担率をグラフで確認。33カ国中、1位のスウェーデンが42.7%だったのに対し、日本は18.3%と一番低い結果でした。グラフからわかることや、理由について話し合いました。共働きや専業主婦の割合が数字と関連していそうでした。


続いて、ゲストスピーカーの中国出身の陳燕さんに、家事・育児の分担の様子をお話してもらいました。
写真:会の様子。Photo from the meeting.
陳さんによるプレゼンテーション
中国では一般的にパパが協力的で家事・育児を分担するのは当たり前。実際に、共働きの陳燕さんのご家庭では家事・育児を半分ずつ分担していているそうです。

なぜ、中国人パパが協力的なのか?理由は夫婦共働きで平等な立場だからです。夫婦で協力するのは自然なことなのです。ただし、中国の東北地方では亭主関白の傾向があるそうです。

また、中国では両親や家政婦さんに家事・育児を依頼することも多く、ママの職場復帰は最短で3ヶ月という驚きのお話しも。中国の保育所は3歳からなので、両親の協力が必須です。ちなみに、両親の定年は女性50歳、男性55歳と早く、定年後には子供の面倒をみてくれるそうです。


お話の後は、グループに分かれて「家事育児100タスク表」にトライ。パパの協力が0の人から意外に協力的だったなど、ご家庭によって様々でした。
家事シェアのコツについてディスカッション
また、パパに協力してもらうためのコツについても話し合いました。まとめたものは以下の通りです。

お願いすることを指示する/感謝を伝える/パパにタスク表を見せる/仕事を早めに切り上げて手伝ってもらう/ママのリフレッシュの時間を作る/家事分担を決める/ベビーシッターに依頼/親に手伝ってもらう/シルバー人材センターを利用/休日に手伝ってもらう/休日は外食する/できることをやってもらう/やり方に不満があっても我慢してほめる

あいさつの時間にはインド出身のワンダナさんと山下さんが、ヒンディー語を教えてくれました。有名な「ナマステー」は朝から晩まで使える万能のあいさつでした。
ヒンディー語のあいさつ
絵本の時間には「三匹の子豚」を陳燕さん親子が担当。小学生の息子さんによる中国語の読み聞かせは好評でした。
中国語版「三匹の子豚」読み聞かせ
プログラム終了後は、お弁当を食べながら、わいわい楽しく過ごしました。

次回の「いちご一会」は2017年6月4日(日)、午前10時30分から、Cafeここらくにて開催されます。テーマは「夏の過ごし方・遊び場シェア」です。涼しく過ごすコツやお出かけスポットをシェアしましょう。

 (Reported by Tomoko. Photos taken by Shinichiro.)


The 10th Ichigo Ichie took place at Café Kokoraku on Sunday, April 2. 35 adults and 28 kids from China, Taiwan, Malaysia, Vietnam, India, the U.S. and Japan gathered.

We began with the game, “What time did you get up?” We asked each other what time we got up this morning, and lined up in the order of time from earliest to latest.

Then, we made a circle and sung the song, "if you're happy and you know it clap your hands" in Korean, Chinese, English and Japanese.
写真:会の様子。Photo from the meeting.
Game "What time did you  get up?"
Next, we had a guest speaker, Mrs. Chen Yan from China. Today’s theme was “Sharing housework and childcare”.
写真:会の様子。Photo from the meeting.
Presentation by Mrs. Chen Yan
She said husbands and wives in China share the housework equally, 50% - 50%, because both of them work outside.

On the contrary, in Japan, wives do 80 to 90 % of housework. She said Japanese housewives were “great”, but should be tired!

Then participants got “Housework and Childcare 100 Task Table” to check how many household and child-raising tasks we or our spouses do.
Groups talked about how to share housework
After the group discussion, Vandana-san from India and Yamashita-san from Japan taught us some greetings in Hindi.

“Namaste” is a familiar word to Japanese people, but we were surprised to know “Namaste” is used anytime; for “Good morning”, “Good afternoon”, and “Good evening”.
Greetings in Hindi
Then Mrs. Chen Yan showed us a picture book, “The Three Little Pigs” in a Chinese version. Her son read it in Chinese, and she read it in Japanese. Kids sat around them and enjoyed the story.
“The Three Little Pigs” in Chinese
Our next Ichigo Ichie is to be held at Café Kokoraku on June 4, Sunday. The theme is “How to spend the summer”. We will be having a hot summer at that time, so why don’t we share some good ideas to keep cool in summer? Be sure to check it out!

(Reported by Naoko. Proofread by James. Photos taken by Shinichiro.)

2017年3月2日木曜日

中国人パパはかなりのイクメン!? ~ 2017年4月2日(日)、第10回多文化子育てひろば「いちご一会」のテーマは「家事・育児の分担とコツ」

(English follows Japanese)

第10回せいかグローバルネット多文化子育てひろば「いちご一会」を2017年4月2日(日)に行います。

「いちご一会」は、子育て中の外国人・日本人パパママ同士の交流・情報交換を目的としています。

今回のテーマは「家事・育児の分担とコツ」

みなさんのご家庭では、限られた時間のなかで、家事・育児をどんなふうに工夫してやっていますか。

今回のゲストスピーカーは中国出身の陳燕さん。

子どもがいても共働きがふつうの中国では、どんなふうに夫婦で家事や育児をシェアしているのか、お話しくださいます。中国人パパは一般的に、かなりのイクメンのようです!

また、家事・育児を「可視化」できるタスク表をやってみて、みんなで家事のコツもシェアしましょう。

たくさんのご参加をお待ちしています。

第10回せいかグローバルネット多文化子育てひろば「いちご一会」

  • 日にち:2017年4月2日(日)
  • 時間: 10:30-11:30 多文化子育てひろば
        11:30-12:30 おべんとう&おしゃべりタイム
    (参加したい人は自分のおべんとう・飲み物をもってきてください。)
  • 場所:cafeここらく (map)
    (祝園駅・新祝園駅から徒歩3分。精華町役場近くの、南都銀行とマンションの間のビル1階にあります。
    駐車場はありませんので、精華町役場西側駐車場をご利用ください。)
  • 費用:大人1人100円(子どもは無料)
  • 定員:先着50人
  • 申しこみ: 「いちご一会」申込み用オンラインフォーム(リンクはこちら)からお申しこみください。
  • プログラム:
    10:30-10:40 アイスブレイク・ゲーム
    10:40-10:50 「幸せなら手をたたこう」をいろんなことばでうたおう
    10:50-11:20 情報交換「家事・育児の分担とコツ」
    11:20-11:30 あいさつ&えほんのじかん

The 10th Seika Global Network Multicultural Playgroup "Ichigo Ichie" will be held on Sunday, April 2nd, 2017.

"Ichigo Ichie" is for foreign and Japanese parents to make new friends and exchange information.

The theme of upcoming playgroup is "Sharing housework and childcare".

Chen Yan san from China is the guest speaker of the talk session. In China, most married couples with a child/children have full-time jobs.

Chen Yan san will talk about how Chinese couples juggle housework together.

Apparently, most Chinese husbands are 'Ikumen(イクメン)', who is willing to do housework/childcare. That is awesome!

Later, we will make a list of housework, and learn how to share the tasks with your family members wisely.

We are looking forward to seeing you!

The 10th Seika Global Network Multicultural Playgroup "Ichigo Ichie"

  • Date: Sunday, April 2nd, 2017
  • Time: 10:30-11:30 Playgroup Meeting
    11:30-12:30 Lunch & Chatting Time
    (Please bring your own lunch and drinks if you want to join our lunch.)
  • Place: Cafe Kokoraku (map (3 minute walk from Hosono/Shin-Hosono St in Seika-cho, Kyoto Prefecture. The Cafe is on the 1st floor of the building between Nanto Bunk and a condominium apartment near Seika Town Hall. There is no parking lot at the cafe. Please use West Parking lot of Seika Town Hall.)
  • Fee: 100 yen per adult (free for children)
  • Capacity: The first 50 people
  • Application: People who would like to participate should fill out the "Ichigo Ichie" online application form (Here is the link).
  • Program:
    10:30-10:40 Ice-break game
    10:40-10:50 Sing-along time "If you're happy and you know it" in various languages
    10:50-11:20 Talk "Sharing housework and childcare"
    11:20-11:30 Greeting time and Story time

2017年2月11日土曜日

2月5日(日)第9回多文化子育てひろば「いちご一会」開催!
2017/2/5 Multicultural Playgroup Ichigo-Ichie Report

(English follows Japanese)

2月5日(日)、Cafeここらくにて、第9回多文化子育てひろば「いちご一会」が開催されました。スタッフを含め、47人が集まりました。
出身国の内訳は、中国、台湾、香港、スウェーデン、日本でした。

いつものように「幸せなら手をたたこう」を4ヶ国語で歌い、和やかな雰囲気でスタート。

次に、参加者が3-4人で1グループを作り、ゲームに挑戦。


壁に貼られた12カ国の結婚式の写真を見て回り、どこの国の結婚写真かを当てるゲームでした。参加者が持ち寄った写真も飾り、その中には40年前の日本の結婚写真もありました。みなさん、貴重なお写真をありがとうございました。

続いて、ゲストスピーカーの台湾出身の雨棻さんと欣怡さんが「台湾の結婚式と結婚写真」についてお話してくれました。

台湾の結婚アルバムは特大で豪華!どの写真も映画の1シーンのように素敵でした。台湾ではドレス10着以上に着付け・ヘアメイク、アルバム代などで10〜20万円くらいとリーズナブル。「結婚写真は台湾がおすすめ!」なのも納得です。

日本では結婚式は挙式と披露宴と二次会をイメージしますが、台湾では婚約式と披露宴を指すようです。

台湾の婚約式で興味深かった点を紹介します。

  • 新婦は甘いお茶を新郎の両親に出し、渡す時に初めて「お父さん」、「お母さん」と家族のように呼ぶ。
  • お茶は飲みきるのが礼儀で、空のコップには紅包(祝金)を入れて返す。
  • 新婦は背の高い椅子に座り、足は床につけない。嫁ぎ先でたくさん働かなくてよいという願いを込めて。
  • 指輪の交換では新婦は第二関節までしかはめない。新郎は指の付け根まではめる。奥さんの言うことを聞くようにという意味から。
  • 新郎の家族は食事の後にこっそり退出する。再見(さよなら)と言うと再び婚約する意味になり縁起が悪いため。

また、新婦が家族とお別れする時に行う3つの習慣があるそうです。

  1. 新婦は顔を隠す
  2. 新婦は車の窓から扇子を投げ捨てる。悪い習慣を捨てるという意味
  3. 新婦の母は水をまく。幸せな結婚生活を願って

台湾の披露宴についても大まかに紹介します。

  • 披露宴には友達の友達など、知らない人まで参加
  • 披露宴の規模は200-300人
  • 参加者の服装はカジュアル
  • ご祝儀は受付で開封。ご祝儀は4のつく数字を避ける
  • お色直しは5回程度(ドレス5着)

お話しの間に、ゲストスピーカーのお二人が台湾の飴をみんなに配ってくださいました。嬉しいサプライズをありがとうございました。台湾では披露宴終了後の見送りの際に、飴などのお菓子を手渡すそうです。日本でもプチギフトを渡す習慣があるので同じですね。

そして、グループで結婚式の思い出をシェアした後、お二人による中国語(台湾の方言)のあいさつ練習と、絵本「はらぺこあおむし」の読み聞かせがありました。日中バイリンガルによる息ぴったりの素晴らしい読み聞かせに、子どもたちも集中して楽しんで聞いていました。

プログラム終了後は、お弁当を食べながら、おしゃべりのひとときを楽しみました。

次回の「いちご一会」は2017年4月2日(日)、午前10時30分から、Cafeここらくにて開催されます。テーマは「家事・育児の分担」です。

(Reported by Tomoko. Photos taken by Shinichiro.)


On February 5, the first Ichigo Ichie of 2017 took place at Café Kokoraku. 47 parents and kids from Taiwan, China, Hong Kong, Sweden and Japan participated.

We started with singing the song, "if you're happy and you know it clap your hands" in Korean, Chinese, English and Japanese.

Next, we had the game, “Guess what countries’ wedding?”

We were divided in groups of three or four, and got to see wedding pictures from different foreign countries, and guessed what countries’ wedding. The countries included Mongolia, Bhutan, Malaysia, China, Sweden, Taiwan, Thailand, and Japan. Probably because the participants were from different cultures, many of the groups got correct answers!

The guest speakers were Taiwanese women, Ms. YEH Hsinyi and Ms. HSU Yufen. They talked about Taiwanese wedding, showing photos on the screen.

In Taiwan, before a wedding ceremony they have an engagement ceremony, in which both parents of bride and groom meet and exchange accessories such as wedding rings. They are also busy preparing, especially for wedding photos taken prior to the wedding ceremony. On the day of the ceremony, about 300 hundreds guests are invited. A wedding reception lasts three to four hours, where a bride wears five different wedding dresses.

After the talk, they taught us Taiwanese greetings. Some of those sounded like Chinese, but were not the same. Then, they read us the picture book, “The Very Hungry Caterpillar” in Taiwanese and Japanese page by page.

The next Ichigo Ichie is to be held on April 2 at Café Kokoraku. The theme is “Sharing housework and childcare”. We are going to talk how couples from different countries share household chore. Don’t miss it!

(Reported by Myriam & Naoko. Photos taken by Shinichiro.)