2017年11月5日日曜日

真夏のクリスマスってどうお祝いするの!?~2017年12月3日(日)、第14回多文化子育てひろば「いちご一会」のテーマは「オーストラリアのクリスマス」

(English follows Japanese)

第14回せいかグローバルネット多文化子育てひろば「いちご一会」を2017年12月3日(日)に行います。


「いちご一会」は、子育て中の外国人・日本人パパママ同士の交流・情報交換を目的としています。

今回のテーマは「オーストラリアのクリスマス」


クリスマスというと雪やあったかい服のサンタクロースというイメージですよね。

でも、オーストラリアでは12月が真夏。いったいどんなクリスマスを過ごすのでしょうか。オーストラリア出身のママたちが紹介してくれます。たくさんのご参加をお待ちしています。

第14回せいかグローバルネット多文化子育てひろば「いちご一会」


日にち:2017年12月3日(日)
時間: 10:30-11:30 多文化子育てひろば
11:30-12:30 おべんとう&おしゃべりタイム(参加したい人は自分のおべんとう・飲み物をもってきてください。)
• 場所:cafeここらく (map)
(祝園駅・新祝園駅から徒歩3分。精華町役場近くの、南都銀行とマンションの間のビル1階にあります。
駐車場はありませんので、精華町役場西側駐車場をご利用ください。)
費用:大人1人100円(せいかグローバルネット会員の方は無料)
(子どもは無料)
定員:先着50人
申しこみ: 「いちご一会」申込み用オンラインフォーム (リンクはこちら)からお申しこみください。
プログラム:
10:30-11:10 クリスマスクイズ&オーストラリアのクリスマス紹介
11:10-11:20 クリスマスソング「ジングルベル」オーストラリアバージョン
11:20-11:30 あいさつ&えほんのじかん
前回の様子


The 14th Seika Global Network Multicultural Playgroup "Ichigo Ichie" will be held on Sunday, December 3rd, 2017.


"Ichigo Ichie" is for foreign and Japanese parents to make new friends and exchange information.

The theme of upcoming playgroup is "Do you know how to celebrate Christmas in Summer? - Christmas in Australia".


Don't we usually picture Christmas with snow and warm-dressed Santa Claus? But, wait. In Australia, December is in mid-summer.

How does Christmas in Summer look? Moms from Australia will tell us how they spend Christmas time in their country.

We are looking forward to seeing you!

The 14th Seika Global Network Multicultural Playgroup "Ichigo Ichie"


• Date: Sunday, December 3rd, 2017
• Time: 10:30-11:30 Playgroup Meeting
11:30-12:30 Lunch & Chatting Time (Please bring your own lunch and drinks if you want to join our lunch.)
• Place: Cafe Kokoraku (map) (3-minute walk from Hosono/Shin-Hosono St in Seika-cho, Kyoto Prefecture. The Cafe is on the 1st floor of the building between Nanto Bunk and a condominium apartment near Seika Town Hall. There is no parking lot at the cafe. Please use West Parking lot of Seika Town Hall.)
• Fee: 100 yen per adult (Free for the members of Seika Global Net) (Free for children)
• Capacity: The first 50 people
• Application: People who would like to participate should fill out the "Ichigo Ichie" online application form (Here is the link).
• Programs:
10:30-11:10 Christmas Quizzes & "Christmas in Australia"
11:10-11:20 Sing-along time "Jingle Bells" Australian version
11:20-11:30 Greeting time and Storytime

Photo from the previous playgroup

2017年9月24日日曜日

9月3日第13回多文化子育てひろば「いちご一会」開催されました。

(Click this link to read the report in English.)

9月3日(日)caféここらくにて第13回多文化子育てひろば「いちご一会」が開催されました。
スタッフを含め55人が集まりました。
出身国の内訳は、オーストラリア、台湾、中国、マレーシア、メキシコ、日本でした。


最初に「幸せなら手をたたこう」を4ヶ国語で歌いました。

次に大人5~6名でグループを作り簡単なゲームがスタート。
自分が今までにやった事のある習い事と、子どもがやっている習い事を挙げ、その数が何種類あったかをグループ毎に報告し合うというもの。どのグループもお話がすすむと緊張がほぐれて和やかな雰囲気でした。
結果は意外にも各グループ10~20種類とたくさん数が挙がりました。

子どものならいごと(日本編)

続いて本日のテーマ、子どもの習い事について資料を基にご説明して下さったのはスタッフの山下さんです。

日本の未就園児(0~6歳)を対象に調査したものです。

  • 今、習い事をしているか ⇒ 約半数の方が「はい」
  • 年齢別の比率 ⇒ 4歳以降から比率が高くなり6歳では82%
  • 習い事ランキング(0~6歳)(小学校低学年)(小学校高学年) 
    → どの年代も水泳、英語、ピアノ、体操、学習塾・幼児教室が人気で共通していました。
また、ダンスは2011年~小学校で必修になっている、プログラミングが小学校で2020年より必修化するというお話はとても印象的でした。会場では驚きの声もありました。

そして習い事をするにあたってのデメリットのお話もありました。
確かにメリットもデメリットも考えた上で習い事選びをしなければいけませんよね。
(詳しい内容は添付資料をご参照ください。)

ディスカッションがスタート

先ほど分かれたグループで、子どもの習い事についてディスカッションが始まりました。
みんなとても興味深いテーマで各グループ、話は大いに盛り上がっていた様子です。
「最近は公文も人気だよ~」「近くにこんな幼児教室があるよ」「公園や山で自然と触れ合う自然体験、アトリエ教室に行った事があるよ」など、ちょっと変わったお話もあり、良い情報交換の場となりました。

子どものならいごと(外国編)

次にアジア圏、ヨーロッパ、アメリカの習い事についてです。
日本ではスポーツ系、学習塾が人気なのに対し、アジア圏ではどの国も英語が一番人気で、とても語学に力を入れているのがわかりました。日本でも最近は英語を早くから始める子どもも多いですね!

また芸術の盛んなヨーロッパでは、楽器系(ピアノやバイオリンなど)、アメリカでは男女共にスポーツ系が人気のようです。
ゲストへのインタビューで各国のママのお話によると、オーストラリアでは最近中国語がとても人気が高い、メキシコでは英語、空手、台湾ではピアノ、スイミングが人気などのお話も!
みんなでテーマについて共有できて貴重な時間を過ごす事ができました。

あいさつと読み聞かせ

あいさつの時間は、マレーシア出身のリナさんからマレー語のあいさつを教えていただきました。

最後にオーストラリア出身のメグさんから英語と日本語で絵本の読み聞かせがありました。
タイトルは「Where Is the Green sheep」かわいい、色んな羊が出てくる絵本で、みんなメグさんの声に癒されました。

プログラム終了後は、お弁当を食べながらおしゃべりのひとときを楽しみました。

次回のいちご一会のお知らせ

次回のいちご一会は12月3日(日)caféここらくにて行います。
テーマは「オーストラリアのクリスマス」。オーストラリア出身のママたちが、夏のクリスマスを紹介して下さる予定です。皆さんのご参加をお待ちしております。

(レポート:あいこさん 写真:しんいちろうさん)

2017/9/3 Multicultural Playgroup Ichigo-Ichie Report

(日本語でのレポートはこちら)

The 13th meeting took place at Café Kokoraku on a sunny Sunday of September the third.

Fifty-five adults and kids from Mexico, the U.S.A., Australia, Malaysia, Taiwan, China, and Japan came to join our meeting and we all had fun together.


We began our meeting by singing a song, “If you’re happy and you know it” in a rock version. I just loved that cool intro with clapping! We surely rock’n rolled, didn’t we?

Now we were ready to start our discussion. Naoko gave a beautiful presentation on the day's topic “Children’s after-school activities.”

After-school activities- a lot of choices

You can see the slides from the presentation here.
Piano, abacus, ballet, swimming, English, calligraphy, Karate practice and many more. These are some of the after-school activities that kids take part in here in Japan.    
 
To add to these typical activities, dancing, computer programming and Shogi (Japanese chess) are becoming trendy these days.

Some statistics show nearly half of the 4-year-old age group engage in at least one of these after-school activities and the ratio goes up to more than 80% among the 6-year-old age group.

Swimming, English, piano, tutoring school, and gymnastics are the most popular activities among pre-school and school-going kids.

Good sides and downsides

Parents spend 3000-20000 yen monthly per each activity. They also spend time ferrying their children around. And there’s always a question of ‘what if they don’t like to go?’

Of course, parents choose after-school activities for their kids for many good reasons.

Some activities are believed to be brain stimulating, others help kids learn P.E. at school or help them become musical, acquire some special skills and so on.

But the more they engage in after-school activities, the less free time they have. Please remember it’s essential for both toddlers and young children to have plenty of “unstructured time” for their healthy growth.

And don’t forget to spend some time and money for themselves!

After-school activities around the globe

Taking a glance at other parts of the globe, foreign languages are popular in Asian countries. For example, English is popular in Vietnam, Taiwan, China, and Korea.

In European countries such a the U.K., France, and Germany, they prefer to be more musical such as taking violin, cello, flute and singing lessons.

In Australia, more sports are picked up and Chinese is becoming the “in” thing to learn. In Mexico, dancing and Karate practice is popular.

Thanks for sharing all the information!

<Greetings in Malaysian!>

Rina helped us learn some greetings in Malaysian; we tried "hello", "good night", "thank you", "see you" and more!

<Story time>

Meg from Australia read us a book titled Where is the Green Sheep? Lots of lovely sheep showed up and we were absorbed in warm, fuzzy feelings!

Upcoming meeting

Our next meeting will be on Sunday, December the third at Cafe Kokoraku.

A couple of mothers from Australia are going to tell us about the summer Christmas in their country.

Let's go find out about their summer wonderland and get hot together!


(Reported by Mariko,   proofread by James, and photos by Shinichiro)

2017年8月14日月曜日

子どもの教育や習い事、どうする?~2017年9月3日(日)、第13回多文化子育てひろば「いちご一会」のテーマは「子どもの教育」

(English follows Japanese)

第13回せいかグローバルネット多文化子育てひろば「いちご一会」を2017年9月3日(日)に行います。

「いちご一会」は、子育て中の外国人・日本人パパママ同士の交流・情報交換を目的としています。

 今回のテーマは「子どもの教育」


 子供が成長するにつれ、どんな学校に行かせるべきか、どんな習い事をするべきか、いろいろ悩みますよね。 ぜひ、みなさんで考えや情報をシェアしましょう! たくさんのご参加をお待ちしています。

第13回せいかグローバルネット多文化子育てひろば「いちご一会」

  • 日にち:2017年9月3日(日)
  • 時間: 10:30-11:30 多文化子育てひろば
    11:30-12:30 おべんとう&おしゃべりタイム
    (参加したい人は自分のおべんとう・飲み物をもってきてください。)
  • 場所:cafeここらく (map)
    (祝園駅・新祝園駅から徒歩3分。精華町役場近くの、南都銀行とマンションの間のビル1階にあります。
    駐車場はありませんので、精華町役場西側駐車場をご利用ください。)
  • 費用:大人1人100円(せいかグローバルネット会員の方は無料)
    (子どもは無料)
  • 定員:先着50人
  • 申しこみ: 「いちご一会」申込み用オンラインフォーム(リンクはこちら)からお申しこみください。
  • プログラム:
    10:30-10:40 アイスブレイク・ゲーム
    10:40-10:50 「幸せなら手をたたこう」をいろんなことばでうたおう
    10:50-11:20 情報交換「子どもの教育・習い事シェア」
    11:20-11:30 あいさつ&えほんのじかん
前回の様子

The 13th Seika Global Network Multicultural Playgroup "Ichigo Ichie" will be held on Sunday, September 3rd, 2017.


"Ichigo Ichie" is for foreign and Japanese parents to make new friends and exchange information.

The theme of upcoming play group is "Education and after-school activities."


As children grow up, parents consider many options for their child's/children's schools and after-school activities. Let's discuss what kind of education you hope for your kids to take.

We are looking forward to seeing you!

The 13th Seika Global Network Multicultural Playgroup "Ichigo Ichie"

  • Date: Sunday, September 3rd, 2017
  • Time: 10:30-11:30 Playgroup Meeting
    11:30-12:30 Lunch & Chatting Time
    (Please bring your own lunch and drinks if you want to join our lunch.)
  • Place: Cafe Kokoraku (map (3-minute walk from Hosono/Shin-Hosono St in Seika-cho, Kyoto Prefecture. The Cafe is on the 1st floor of the building between Nanto Bunk and a condominium apartment near Seika Town Hall. There is no parking lot at the cafe. Please use West Parking lot of Seika Town Hall.)
  • Fee: 100 yen per adult (Free for the members of Seika Global Net) (Free for children)
  • Capacity: The first 50 people
  • Application: People who would like to participate should fill out the "Ichigo Ichie" online application form (Here is the link).
  • Program:
    10:30-10:40 Ice-break game
    10:40-10:50 Sing-along time "If you're happy and you know it" in various languages
    10:50-11:20 Talk "Education and after-school activities"
    11:20-11:30 Greeting time and Story time
Photo from the previous playgroup

2017年7月24日月曜日

7月2日(日)第12回多文化子育てひろば「いちご一会」開催されました。

(Click this link to read the report in English.)

 7月2日(日)、Cafeここらくにて、第12回多文化子育てひろば「いちご一会」が開催されました。スタッフを含め、63人が集まりました。出身国の内訳は、オーストラリア、中国、インド、ベトナム、スウェーデン、アメリカ、マレーシア、日本でした。

日本のお祭り

最初に大人4~5人でグループを作って自己紹介をし、その後壁に貼られて紹介された日本全国の祭の写真を見て祭の名前をあてるゲームをしました。
次に今後開催される関西の夏祭りの紹介がありました。7,8月に開催される関西の夏祭りが紹介されました。

よさこい鳴子踊りを踊ろう!

そして今回のメインイベント、「よさこい鳴子踊りを踊ろう」が始まりました。踊りを教えて下さるのはいちご一会のスタッフであり『正調よさこい鳴子踊り普及振興会』所属の美野さんです。

よさこい鳴子踊りとは?

『正調よさこい鳴子踊り』は1954年から変わらない踊り方で、日本舞踊と盆踊りを掛け合わせたような踊りです。

まず全員に高知県の大阪事務所と川西小学校からお借りした鳴子が配られました。子供には子供用の鳴子が配られます。鳴子は元々スズメを田んぼから追い払うための農具だったそう。年季の入った鳴子を実際手にすると、受け継がれてきた歴史や、お祭りの空気が伝わるようで、とても気持ちが高揚しました。

一部の人は同じく高知県の大阪事務所からお借りした法被を着ての参加です。またハワイ出身のジーナさんには和風(巫女さん風)のよさこいの衣装を着てもらい、雰囲気を盛り上げてもらいました。

いよいよ踊ります!

実際のお祭りでの踊りの動画を見た後で、美野さんを囲んでみんなで輪になり踊りの練習をしました。美野さんの踊りはとても優雅で美しく、そして活気を感じました。『正調よさこい鳴子踊り』が優雅な日本舞踊と活気のある盆踊りを掛け合わせたものということが実感できました。



そして実際に踊ってみよう!ということで音楽をかけてみんなで輪になって踊ります。練習時間も短く踊りの細部は踊れませんが、雰囲気だけでもとても楽しく、みんな笑顔でとても活気のある雰囲気でした。皆さんよさこい祭の空気を感じられたのではないでしょうか。

よさこい踊りの参加方法

美野さんによるとよさこい踊りはチームで参加するものだそうで、出場者は一カ月前から毎日90分の練習をして本番に臨みます。なお、当日参加できるチームをあるそうなので、気になる方はぜひ調べてみてください(添付資料参照)。

絵本の読み聞かせ(英語)


最後にオーストラリア出身のLee Chanさんが絵本の読み聞かせをしてくれました。
「It’s Lovely When You Smile」カンガルーのお母さんが沈んだ顔をしている子供の笑顔を取り戻そうとするとても素敵なストーリーです。温かい絵も印象的でした。

おわりに

今回よさこい踊りを教えて下さったいちご一会スタッフの美野さんが7月末で関東に引越をされるということで、有志から花束とプレゼントの贈呈がありました。美野さん、関東に行かれてもお元気でご活躍ください。

プログラム終了後は、お弁当を食べながら、おしゃべりのひとときを楽しみました。

次回のいちご一会のお知らせ

次回のいちご一会は、9月3日(日)にCafeここらくにて行います. テーマは 「子供の教育」。子供が成長するにつれ、どんな学校に行かせるべきか、どんな習い事をするべきか、いろいろ悩みますよね。ぜひ、みなさんで考えをシェアしましょう!たくさんのご参加をお待ちしています。


(レポート:えりさん 写真:しんいちろうさん)

2017/7/2 Multicultural Playgroup Ichigo-Ichie Report

(日本語でのレポートはこちら)

On July 2nd the 12th Ichigo Ichie took place at Seika Town Library Meeting Room. 38 adults and 25 kids from China, Malaysia, Vietnam, India, the U.S., Sweden, Australia, and Japan gathered. Some of the participants put on “happi”, a traditional costume for festivals, to get ready for the day’s main event.

Festivals in Japan

We began with the game, “What festival is it?” We walked around to see festival pictures on the wall, and guessed what festival each picture was. The festivals, from various parts of Japan, from Tohoku to Okinawa, were all famous. We were impressed to see portable shrines with gorgeous decorations or streets full of people in traditional festival costumes.

Next, Kazue and Naoko showed us information on summer festivals in the Kansai area. We got leaflets (in Japanese or English), and saw pictures of festivals on the screen. The information was about famous summer festivals held in Kyoto, Osaka, Nara, Wakayama, and also in our area, Seika Town and Kizugawa City.

Yosakoi Naruko Dance

Then, the day’s main event, Yosakoi Naruko Dance! First, Tomoko made a presentation on this dance. The Yosakoi Naruko Dance is performed in Yosakoi festival in the city of Kochi. It has taken place every August since 1954. During the festival season, people dance every night for about a month. After the presentation, she taught us the dance moves. When you do this dance, you use “Naruko”, a wooden clapper making sounds like a castanet. It was not easy to learn all the moves, but we practiced several times and finally danced in a circle with music! Everyone had fun, and even small kids enjoyed just clapping the Narukos.



Story time (English)

Last, it was story time. Ms. Lee Chan, a lady from Australia, read us a picture book, “It’s Lovely When You Smile” in English. Kids sat around her and enjoyed the story.




It was the last meeting with Ms. Mino, one of Ichigo Ichie's staff from the beginning of the group. She will be greatly missed!












Upcoming Meeting

Our next Ichigo Ichie is to be held at Café Kokoraku on September 3, Sunday. The theme is “Children’s Education”. As kids grow up, parents may wonder what school kids should go to, or what kinds of lessons they should take… So, let’s share ideas about children’s schools or activities outside of school. See you at the next Ichio Ichie!

(Reported by Naoko. Proofread by James. Photos taken by Shinichiro.)

2017年6月11日日曜日

6月4日(日)第11回多文化子育てひろば「いちご一会」開催されました。

(Click this link to read the report in English.)

6月4日(日)、Cafeここらくにて、第11回多文化子育てひろば「いちご一会」が開催されました。スタッフを含め、74人が集まりました。

 出身国の内訳は、オーストラリア、中国、台湾、ベトナム、スウェーデン、アメリカ、日本でした。最初に「幸せなら手をたたこう」を4ヶ国語で歌いました。今回はかっこいいロック調の伴奏で、いつも以上に盛り上がった印象でした。

 「夏を涼しくするもの」アイデアをシェア


プロジェクターに4枚の絵(打ち水、お化け屋敷、流しそうめん、風鈴)を映し、共通点を見つけるゲームをしました。答えは「夏」、今回のテーマです。

大人4~5人でグループを作り「夏を涼しくするもの」についてディスカッションし、その後グループ毎に発表しました。各グループそれぞれ7~23個とたくさん意見が出ました。主なものを紹介します。
・プールに行く。小さい子供はビニールプールや、お風呂に水をためて水遊びをさせる。
・こんにゃくゼリーを凍らして保冷剤代わりに弁当に入れる。
・ビアガーデンに行く。
・グリーンカーテンを作る。
・かき氷を食べる。
・日傘を使う。


子供と過ごす夏休み ~ 子連れに適した、夏の遊び場


次にハワイ出身のジーナさんから日本の夏休みの過ごし方について話題提案がありました。日本の夏休みはとても長く毎日子供が家にいて、いかに飽きさせずに一緒に過ごすかについて困っているとのことです。

そこで奈良でガイドをされているレイコさんから子連れに適した遊び場について紹介していただきました。レイコさんは3人のお子さんのお母さんです。

頂いたペーパー(右の写真参照)を元に説明いただいた内容を記載します。

●「ジュースで氷作り」は製氷機にジュースを入れて作ります。ゼラチンを入れて凍らせたゼリー風にしても楽しいとのこと。
 ●「水風船」は百均で購入できます。ゴミが出るのでお片付けを約束してから遊ぶといいでしょう。
●「折り紙」で魚や海の生き物を作って青く色を塗った画用紙に張り付けると涼しげです。
●「牛乳パックで水路作り」は牛乳パックを切り開いてテープでつなげ、坂を作って水を流します。スーパーで売っている肉や魚のトレーで魚や泳いでいる人間の形を切り抜いて浮かべると楽しいです。家の中でやる場合は新聞紙等を下に敷いて汚れを防止して下さい。外で遊ぶなら汚れる心配がありません。
●「山城森林公園」は川遊びやバーベキューができます。
●「太陽が丘プール」は京都子育てパスポートがあれば割引がききます。
●「青山プール」は奈良市の市民プールですが、市外の人も利用できます。
●「加茂プラネタリウム」は数百円で利用できます。
●「きっづふぉとん」は無料で利用できます。
●「文化パルク城陽」は小学生までの子供は無料で利用できます。大きなボールプールがあってとても充実した施設です。

 その他地図にて遊び場をご紹介いただきました。
●けいはんなプラザ、けいはんな記念公園
●きっづ光科学館ふぉとん
●加茂駅近くの御霊神社周辺←ホタル、クワガタ、カブトムシの観察スポット
●笠置山ハイキング

その後4~5人のグループに分かれ、夏の過ごし方についてディスカッションしました。提案されたものについてご紹介します。

<プール系>

精華町民プール(温水で室内)、家の庭でビニールプール、イモ山プール、スイミングスクールの無料体験

<レジャー系>

パルケエスパーニャ(三重県)、漁師体験、芝政ワールドプール(日本一のスライダーがある。福井県)、ホエールウォッチング(和歌山県太地町)、アンパンマンミュージアム(桑名市、神戸市等)、スパーワールド(大阪市)、信楽市、琵琶湖(滋賀県)、デイキャンプ&バーベキュー、白浜アドベンチャーワールド(イルカショーが有名、和歌山県)、海に出かける(京丹後だと車で2~3時間)、京都水族館(イルカショー)、花火大会(木津川花火)

<室内遊び系>

映画、図書館(本を借りる、読み聞かせイベント)、ドリーム21(室内運動遊び場、プラネタリウム、科学館、川や遊具がたくさんある公園も併設。東大阪の公共施設のため数百円で利用可)

<近場の公園系>

けいはんな公園、光台5丁目の公園(長い滑り台あり)、木津川台公園(長い滑り台あり)、鹿ノ前公園、かぶと台公園、鳥谷公園

あいさつとよみきかせ

その後香港出身のリーさんから広東語の挨拶を教えていただきました。

 最後にハワイ出身のジーナさんが絵本のよみきかせをしてくださいました。

『Why Can‘t I Fly』。かわいい猿の優しい絵が魅力の絵本です。参加者のお子さんのちづるちゃんも、飛び入りで英語の読み聞かせのお手伝いをしてくれました。子供たちが前に集まって夢中で聞いている姿が印象的でした。

 プログラム終了後は、お弁当を食べながら、おしゃべりのひとときを楽しみました。

(レポート:えりさん 写真:しんいちろうさん)